たいせつな客人の出迎えにハイヤーという選択肢

目的地まで客人を運ぶための乗り物のとして、タクシーとハイヤーがあります。ハイヤーはタクシーのように不特定多数を乗せることを意図したものではなく、あくまで事前予約が前提であり、当日は自動車と運転手の両方を専任として使えると捉えるのが妥当です。したがって当日その場でいきなり手配をするといったタクシーのような使い方はできないものの、ハイヤーの場合は特別な客人をもてなす目的ではきわめて適した乗り物といえます。

ハイヤーではグレードの高い車種が用いられているケースがほとんどです。しかし、場合によってはセダンタイプのほかにも、ある程度の人数が収容できるワゴンタイプのものなども予約が可能です。事前予約のため、当日に配車される自動車のナンバープレートや運転手の身元などもはっきりとしていますので、相手にあわせて格式を整えたい場合にもぴったりです。ハイヤーにはこのような特徴があることから、国内外からの客人の出迎えだけではなく、会社の重役が出勤やその他の用事でよく用いられています。

また最近のハイヤー会社では、英語をはじめとした外国語にも堪能な社員を多数雇用しており、専属の運転手として相手にあわせた配置をしてもらうことも可能です。海外企業の重役を成田空港から自社まで出迎える場合などを考えてみると、このように外国語に対応した質の高い運転手が確保できることは、かなりの大きなメリットとなるはずです。一般的な公共交通機関では、おもてなしといった面ではこのような配慮を確約させることが難しいので、目的によっては最初から予約をしておくのがよいといえます。海外からのお客様のためにハイヤーを準備しておくと、大変喜ばれるでしょう。

観光名所に関する知識も豊富ですので、理想にかなっていて充実した計画が立てられるはずです。たとえば、東京に国内外問わず客人を招いたときでスケジュールに余裕がある場合、仕事などの合間に観光をすることもあるでしょう。そのような場合でも外国語が堪能な運転手ですと、観光名所を英語で紹介してもらうことができます。Wi-Fiが完備されているハイヤーであれば、国外からの客人であってもインターネット通信で客人に不便な思いをさせることはありませんし、多くの通信を必要とする画像やデータなどの送受信のときでも、Wi-Fiなので客人はスムーズな対応ができます。まさに至れり尽くせりの接待のような気分良い時間を過ごしてもらうことができます。