LGBTレズビアンが抱える悩み

LGBTの中でレズビアンは、女性の同性愛者のことです。レズビアン同士のカップルは、お互いが同性愛者だということを確認するのに時間がかかるようです。多くのレズビアンは、自分が同性愛者であることを隠して生活しています。異性愛者が、両思いになるまでに時間がかかるのと似ています。

レズビアンの人には、まわりの人にレズビアンだと気づかれたくないという葛藤があります。LGBTを特殊な性癖だと思っている方がまだいますが、このような悩みは異性愛者同士の恋愛にも発生します。異性愛者の場合の、あの人に恋愛感情を持っていることを、まわりの人に気づかれたくないという感情に似ています。レズビアンのほうが、周囲の意識の違いからより深刻に悩んでいます。

レズビアンの深刻な片思いは、相手がノーマルな異性愛者の場合です。LGBTに理解のない異性愛者に告白すれば、嫌悪感を持たれてしまうこともありえます。そうなると、レズビアンの人は自分と同じような同性愛者を探すしかなくなります。自分がレズビアンだとカミングアウトしている人は少ないと思いますから、同性愛に抵抗の少ない相手を探すことになるでしょう。女性同士のスキンシップが苦手でない人などは、レズビアンの人と親しくなりやすいかもしれません。レズビアン同士は結婚することはできませんけど、一緒に住むことができるのでルームシェアをしているカップルが多いようです。